ブログ

中小企業診断士 岩間文雄のブログです。認知症の予防のために新しい知識の吸収と気づきに挑戦しています。
①過去の本の読み直しと新しい知識の吸収 ②出会い ③セレンディピティ ④気づき

ブログ一覧

10.デザインシンキング

まず、モノを考えるばあいは、人々の共感が得られるかどうかを第一と考えることにしました。

2024年05月31日

9.埼玉古墳で再び白タンポポ

2年ぶりに埼玉古墳に行きました。桜が満開で大変に気持ちの良い日で、再び白タンポポに出会いました。今年の白タンポポはまだ全開でなく残念でしたが、1週間後には元気いっぱいに笑顔を見せていると思います。旧忍川の橋の下にも咲いていました。

2024年04月16日

8.80歳を超えてからの気づき-1

脳学者の茂木健一郎さんの言葉を借りれば、「感動するのを忘れた人は、生きるのをやめたと同じである(アインシュタイン)」。
より大きな感動をもたらすのは、やはり今まで気付かなかった何かに目を開かされた時である。何ものかに気付いた時、私たちは大いなる心を動かされる。生きると言うことの隠された意味を学ぶのである。(脳はもっとあそんでくれる 茂木)

気づき1:「大宮台地を走る伝鎌倉街道」の地域振興ホームページの作成

そして、1年間、荒川左岸4市(鴻巣・原馬室、北本・石戸、桶川・川田谷、上尾・平方)の社寺や公共施設等を訪問して、地域振興「大宮台地を走る伝鎌倉街道」というホームページを作成しました。4市の行政/教育委員会様を訪問して情報を頂きました。

桶川に住んで50年、今まで気付かなかった荒川左岸の歴史や地域の人々との触れ合いを通じて1つの感動を覚えました。
数か月前に映画「生きる」をテレビでみましたが、まさにある事に気づきそれを実行するということは、素晴らしい人生ではないかと思うようになりました。

2024年02月22日

6.別荘で体力づくりと脳の活性化

〇日本で晴天日数が一番多いと言われています群馬県の赤城山の別荘地は、冬でも雪が少なく1年中利用ができます。人生100年、今、別荘のあり方が変わろうとしています。静養の場所から健康づくりの場所へ。

〇今までの別荘の考え方は、比較的短期的な避暑・避寒・保養・休養等でしたが、人生100年の時代は、健康づくり、坂道フーフーで足腰の体力づくり、凸凹道のオットーとで脳の活性化など創造的別荘ライフを楽しむことが出来ます。

〇健康づくりと脳の活性化の別荘地は、別荘地選びから始まります。
①週末に気軽に自宅から車で行ける距離・時間(2時間が限度)
②毎回、高速道路を使わなくて行ける場所(休日の帰宅は混雑)
③標高500~600mの高地であれば夏は涼しい。
④冬は雪の少ないところ。
⑤地形が面白いところ。

山の別荘地は一般に凸凹しています。この凸凹が脳の活性化に良いと言われています。
凸凹道でオットットでバランスを取りますが、多くのスポーツトレーナーは、凸凹道の話を良くします。とくに、熊野古道の石畳の道は足の裏を刺激して足腰を丈夫にするとのこと。

そんな別荘地として群馬県前橋市三夜沢の「見晴らしの杜」は、大変に面白い別荘地で色んな事を考え実行できる創造的利用価値のある別荘地です。
赤城山は前橋市内です。都会生活も味あうこともできます。
是非、お訪ねください。

2023年11月01日
» 続きを読む