戻る

中小小規模企業の テレワークの取り組み(ここからアプリ)
 1  中小企業の
  テレワーク方式
 リモートデスクトップ方式(社外でのパソコンの運用方法、機密情報が入ったパソコンをそのまま外部に持ち出すことは、情報漏洩のリスクが高く危険、データを外部に持ち出さない方式)
 クラウド型アプリケーション方式(クラウド上にあるアプリケーションを利用する。自社でサーバーを用意して、Webアプリケーションソフトウェアをインストール、このWebアプリケーションをテレワーク時に活用する)
 インターネットVPN方式(「Virtual Private Network(仮想専用線)」。 インターネット上に仮想専用線を設けて、セキュリティ上の安全な経路を使ってデータをやり取りする)
 2  ツール等 コミュニケーションツール  Web会議ツール zoomの使用方法  ダウンロード
zoomテレワーク主宰者へ
Teams
Google Meet
 チャットツール
Slack
Teams

Chat work
LINE WORKS
 データ共有ツール  Dropbox
 各種マネジメントツール  IT補助金の活用(リース×、買取〇)
 情報セキュリティ対策  パソコンの盗難、マルウェア感染、情報の流出、不正アクセス
 3  取り組み方 導入してから試行錯誤でやってみるが早く取り組める
 4 その他  テレワーク協会
     埼玉県テレワークポータルサイト    テレワ-ク導入支援金
     
     
     
参考資料   企業診断ニュース 2020年9月号 第4章テレワーク導入支援
 所属  埼玉県中小企業診断協会 IT研究会
 ホームページ  検索不可タグ挿入